ドラミだより

猫のドラミと3匹の犬達の日常生活だより・・に猫の太子も加わりました



ドラミの生立ち物語 その3 :: 2008/05/20(Tue)

そう、あれはドラミが5歳の夏でした・・・・・
hana-2.jpg

この頃、ドラ、太ったんじゃない?なんて言っていたある日、机の裏に隠れて出てこなくなってしまいました。大好物で誘い出そうとしても、全然反応しません。
これは、ヤバイ?!
何とか連れ出すと、お腹の両脇が腫れたようになっています。病院に行かなくちゃ、ということになり、その日の診察時間の終わり近くに、病院に行きました。お恥ずかしい話ですが、ここのニンゲンたちは、♂の一人が子供時代に猫を飼っていた経験があったくらい。ドラミはワクチン接種もしていなかったので、かかりつけのお医者さんがありませんでした。(ここのワンコたちは実は通勤しているので、かかりつけのお医者さんは近くではなかったのです。)知り合いに、新しく良い動物病院ができた、と聞いていたので、近くでもあり、そこに行きました。
診察したら、お医者さん曰く、「本当に外に出てない?」
私たちは自信を持って、「はい」
「うーん」
・・・・・・
レントゲンを撮ってもらい、しばし待っていたところ、厳しい顔をしたお医者さんが戻ってきて、「子宮蓄膿症ですね。もう、かなりパンパンなので、破裂したら1分で死んでしまいます。赤ちゃんじゃないかと思っていたのですが・・・・・」
「緊急に手術が必要ですが、明日はここは休みなんですが。」
・・・・・
「・・・・・明日手術しましょう。問題はこの子がワクチンを打っていないので、院内感染が心配です。手術後、あまり入院させたくありません。経過を見て、翌日くらいには退院させましょう。」
飼い主として、明らかに失格だった私たちは、他にもいろいろと話を聞きました。厳しいことも言われましたが、どれも納得できることだし、何より、とても時間をかけて丁寧に説明してくれたので、この先生なら信頼できる、と思えました。
大変だったのは翌日入院させるまでの15時間が長かったこと。破裂したらどうしようと、はらはらしているのに、こんなときに限っていつもは乗らない棚の上なんかに、飛び乗ったりしているドラミ・・・もう、やめて!って叫びたくなりながら、のろのろとしか動かない時計の針ばっかり睨みつけていました。
無事、と言ったら変ですが、入院させたらほっとしてしまいました。あとは、先生とドラミのがんばりを信じて待つしかありません。
夕方、うまく終わったと電話をもらったので、早速駆けつけると、取り出したモノを見せられ、「一滴も膿を体内に漏らさず切除できたから、大丈夫ですよ。」と言われ、まだうとうとしているドラに「よく頑張ったね」って言ったら、先生も「うん、よく頑張った!」って言ってくれました。
こうして人生2度目(3度目?)の九死に一生を得たドラミ。
その後は全て先生の言うとおりに、飼い主道を極めるべく?頑張っていたのですが・・・
2006_09050021.jpg

つづく

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<ドラミの生立ち物語 その4 | top | 四肢フル活用寝>>


comment

ごめんなさい。
今日はお願いです。

実はわたしの友達(友達といっても彼女はまだ29歳で娘のようなものですが^^)
その彼女の子供である5歳の女の子は
30万人に1人という難病をかかえています。
それでなんとかよりよい治療を受けさせてあげたいとの想いで
寄付金活動を開始することになり
わたしのブログのトップページ(”バツイチ女のひとり言”ってブログタイトルの横)に
ゆっくりでいいよ・・・「30万人に1人という難病を抱えた女の子です。どうかあなたの善意でひかるちゃんを救ってください。」と題して
寄付金をお願いするクリックボタンを設定しました。

そこからひかるちゃんのHPへ飛んでいただき
病気の説明やひかるちゃんのママが書いた想いを読んでくださって
賛同いただければ、ご負担かけない程度に
寄付金のご協力をお願いできれば幸いです。

ちなみに

ひかるちゃんHP
http://yukkuri.saga-n.net/

  1. 2008/05/20(Tue) 15:31:51 |
  2. URL |
  3. モモ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dora1208.blog43.fc2.com/tb.php/8-663df6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)