ドラミだより

猫のドラミと3匹の犬達の日常生活だより・・に猫の太子も加わりました



ドラミの生立ち物語 その4 :: 2008/06/04(Wed)

2008年、4月11日のことです。
hana-3.jpg

かねてより、口内炎があったドラミですが、少し前に下の歯茎がぷっくり腫れているのを発見しました。口内炎がひどくなったなあと思いながら病院に行き、「歯茎がぷっくり腫れてるんですけど・・・」と言ったとたん、先生の表情が険しくなりました。・・・えっ、何??
診てもらうと、「口の中にできる腫瘍の99%は悪性です。ヘンペイジョウヒガンか、******(忘れた)が考えられます。悪性の場合、切除しても何度も再発し、余命は半年くらいでしょう」

・・・・・泣きながら説明の続きを聞きました。
「とにかく、切除手術をして、検査に出して、結果を待ちましょう」
その日のうちに緊急手術、そして退院。
帰ってきてから、「扁平上皮癌」についていろいろと調べると、介護日記をブログにしてくれている人もいました。・・・あまりの見た目の悲惨さに、私は逆に覚悟ができました。

どんな姿になっても最後までドラの面倒を看る。

希望的材料は、形状がキノコ状であったこと、血液検査の結果、白血球数に異常はなかったこと。
懸念材料は、99%という高い確率と、とても柔らかいものだったこと(柔らかいほど悪性の可能性が高いそうです。)
手術時に歯石も取り、口内炎のひどいところもレーザーで取ったので、良性であれば以前よりも一層元気なドラになってくれるはず。

そして、1週間ほど経った頃、病院から携帯の留守電に電話が・・・
急いでかけてみると、
「検査結果は良性でした!あなたは運がいい!」
「えーーっ」

これまでにも何度か九死に一生を得てきたドラミが、またやってくれました!
運がいいのは私でなくドラミです。
1%の幸運を手に入れるなんて・・・・・

実はこのブログは、手術をしてから検査結果を待つ間に立ち上げました。ドラミのことを記録しておきたい、ほんの少しの人達かもしれないけど、ドラミのことをこのブログで知ってほしい、と思ったからです。
今ではドラパワー全開、これからもがんばってドラミの様子を楽しくお知らせしていきたいと思います。
hunter.jpg
最近夢中のおもちゃを狙っているドラミ


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3